背中の自宅脱毛

背中の自宅脱毛

ムダ毛 悩みの説明
前ページの

背中の無駄毛を脱毛したくありませんか?
でも書きましたが、夏になって水着を着た時
水着の後ろを 背中の無駄毛が気になって
しまう場合があると思います。

 

普段は、背中の無駄毛に関して大抵の場合は
自分で見えてないので 気にはならないのに、
そのようなときは、背中の無駄毛が
気になって しまうものだと思います。

 

 

それを回避させる方法としては、
蒸しタオルやお湯を使って ワキを温め、皮膚や毛を軟らかくする事が必要です。
その後、出来れば石鹸ではなくシェービングフォームを利用して剃り、
抜く場合には毛抜きではなく脱毛器を使用するのが良いでしょう。
また自分では気にならなくても誰かに指摘されてしまう場合もあります。
しかし、背中の脱毛を自宅で行う場合、1人暮らしの場合等は、 不可能といえましょう。

ワキ毛の脱毛

それは、先ず背中には自分で手が届きませんし、背中を傷つけてしまいますので、

剃刀(かみそり)なんか使ったら余計危ないです。

 

誰か、脱毛を手伝ってくれる人がいれば、自宅で背中の脱毛をして、
そうでない場合は、専門家であるエステサロンやクリニック等の
脱毛専門家に任せて綺麗に脱毛してもらうのが一番だと思います。

 

もし、背中の無駄毛の脱毛を手伝ってくれる人がいる場合の
自宅での脱毛処理を行う際の注意点ですが、毛抜きを 使ったり剃刀(かみそり)を
使ったりして処理する方法はとても肌に負担がかかる事です。

 

また埋没毛と言って
次に出て来る新しい毛が、 皮膚の下に出て来てしまう状態になる可能性もあります。

 

また色素沈着を起こしたり、「毛嚢炎(もうのうえん)」と言う
新しい毛と皮膚組織の衝突によるトラブルが起こったりしますので
出来れば自己処理のし過ぎは控えた方がいいと思います。

 

と書きましたが、
あくまでも、それは、剃刀(かみそり)を 使用した場合でして背中の脱毛もやはり、
市販の家庭用脱毛器の「ケノン」や、パーソナルレーザー脱毛器 「トリア(TRIA)」や、パルスライト脱毛器でお馴染みの 「シルキン」やヤーマン株式会社のサーミコン(熱線)式脱毛器 で、かなり有名な no!no!HAIR (ノーノーヘア)などを
使いますと快適、安全に脱毛できます。